慰謝料計算|越谷市の交通事故治療整骨院【0円治療+弁護士0円】

示談交渉の弁護士0円、窓口負担0円

慰謝料全般について

慰謝料全般について

いつもと変わらない毎日を送る中、何の前触れもなく突然に起きる交通事故。
事故による怪我や車両の心配と同時に、保険や慰謝料についても頭を巡るかもしれません。
「慰謝料」という単語はよく聞きますが、多くの人は内容を詳しく説明することは難しいと考えられます。
ここでは、交通事故に関する慰謝料についてわかりやすくまとめました。越谷市近隣の皆さんも、不慮の事故に備えてぜひご一読下さい。

そもそも「慰謝料」とは?

よく聞かれる「慰謝料」とは、そもそもどのような意味なのでしょうか。
辞書によると、慰謝料とは下記のように説明されています。

“精神的苦痛に対する損害賠償金。身体・自由・生命・名誉などを侵害する不法行為や債務不履行について請求できる。”

引用:三省堂 大辞林
https://www.weblio.jp/content/%E6%85%B0%E8%AC%9D%E6%96%99

つまり、慰謝料とは「苦しい思いに対する損害賠償を支払うためのお金」ということになります。
交通事故に関する損害賠償の支払いについては、民法の第709および710条に定められています。

“第五章 不法行為
(不法行為による損害賠償)
第七百九条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
(財産以外の損害の賠償)
第七百十条 他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。”

引用:電子政府の総合窓口 民法
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=129AC0000000089&openerCode=1#2579

多くの人は「交通事故の慰謝料」=いわゆる「示談金」と思われているかもしれません。
しかし、慰謝料はあくまでも賠償の一部になり、示談金は慰謝料を含め被害者に支払う総額であることを越谷市の皆さんもぜひ覚えておいて下さい。

交通事故による慰謝料は3つの種類がある

それでは、交通事故に関する慰謝料をさらに詳しく見て行きましょう。交通事故による慰謝料は下記の3種類があります。

1)入通院慰謝料(にゅうつういんいしゃりょう)
交通事故により入院や通院を余儀なくされた場合に考えられる、怪我の苦痛や精神面の損害を賠償するものです。
怪我をした部位やレベル、入院および通院の期間によって金額が決定します。
2)後遺障害慰謝料(こういしょうがいいしゃりょう)
交通事故による怪我が完治せずに残った後遺症に対する賠償です。
機能障害で生活に支障が出る、手術痕など外見が気になるという精神的な苦痛に対して支払われるものです。
3)死亡慰謝料(しぼういしゃりょう)
交通事故により死亡した人とその遺族に支払われるもので、死亡した人の立場によって金額が異なります。

交通事故による慰謝料の計算方法は?

越谷市の皆さんもそろそろ実際の数字が気になると思いますが、慰謝料は計算の基準によって金額が異なることをご存知でしょうか。
慰謝料の金額は、下記の3つの基準で数値が異なります。

1)自賠責基準
「自賠責(じばいせき)」とは二輪や自動車のドライバーに加入が義務付けられている保険のことで、正式には「自動車損害賠償責任保険」と呼ばれます。 なお、共済が販売する自賠責は「自動車賠償責任共済」と言います。
自賠責は万が一の事故に備えての保険であるため、慰謝料の基準としては最も低い金額が設定されます。
自賠責基準での計算方法は下記のようになります。

(治療期間)または(実通院日数×2)× 4,200円

自賠責基準における慰謝料は「1日4,200円」と定められており、
治療期間もしくは入院と通院の合計日数である実通院日数×2のどちらか少ない方を掛け合わせて計算します。

自賠責保険の補償の上限は120万円という決まりもあります。

2)任意保険基準
「任意保険」とは自賠責保険ではまかないきれない部分を補償する保険のことで、「自動車保険」とも呼ばれます。
対物や自分の車、自分自身の怪我等、契約内容によって補償内容は異なります。
各保険会社によって慰謝料の基準が設定されていますが、非公開のため詳細は不明です。
一般的に、慰謝料の金額は自賠責基準と弁護士基準の中間のレベルと言われます。
3)弁護士基準
過去の裁判の判例を元に「日弁連交通事故相談センター」がまとめた基準で、「裁判所基準」とも呼ばれます。
俗に「赤い本」「赤本」と呼ばれる「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部発行)、「青本」と呼ばれる「通事故損害額算定基準」(日弁連交通事故相談センター本部発行)を使用します。
これらは誰でも購入が可能ですが、交通事故の状況によって金額は変動することがある上、内容が複雑なために弁護士に任せるのが一般的です。
越谷市の当院では交通事故に詳しい弁護士と提携しておりますので、慰謝料に関する内容もお気軽にご相談下さい。

これら3つの計算基準は、先にご紹介した3つの慰謝料「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」それぞれに当てはめることができます。

交通事故の具体例と慰謝料の相場

それでは、3つの慰謝料の相場を具体例と共にご紹介しますが、あくまでも一例になるので実際の金額は異なることがあります。

①入通院慰謝料

【例】交通事故によりむち打ちの症状が出て、3ヶ月通院した(実際に通ったのは計30日)。

〇自賠責基準の場合
計算式の(治療期間)または(実通院日数×2)×4,200円 を用いて
治療期間 1ヶ月を30日として×3=90日
実通院日数 30日×2=60日 
したがって、少ない方の60日×4,200円=25万2000円
〇任意保険基準の場合
各保険会社によって異なるため不明(以下同様)
〇弁護士基準の場合
赤い本の入通院慰謝料の表を用いて計算した結果 73万円

②後遺障害慰謝料

【例】交通事故によるむち打ちで、第14級(局部の神経症状)の後遺障害が残った。

〇自賠責基準の場合
自賠責基準による後遺障害慰謝料の表に基づいて 32万円
〇弁護士基準の場合
赤い本の等級別の後遺障害慰謝料の表に基づいて 110万円

③死亡慰謝料

【例】交通事故により、家計を支える大黒柱を失った。

〇自賠責基準の場合
  • 被害者本人の分350万に追加して遺族分が支払われます。
  • 被害者に扶養家族がいる場合で賠償金の請求者が1人であればプラス750万円、被害者に扶養家族がいない場合で賠償金の請求者が1人であればプラス550万円
〇弁護士基準の場合
被害者が一家を支える支柱の場合、赤い本の基準では2,800万円、青本では2700万~3,100万円と記載されています(平成29年2月時点)。

交通事故による慰謝料は、計算基準によって大きく差が出ることがわかりました。
越谷市の当院では、このような慰謝料のご相談も承っております。弁護士費用の負担はございませんので安心してご来院下さい。

交通事故による慰謝料についてのQ&A

最後に、越谷市の当院でよくあるお問い合わせをQ&A形式でご紹介します。

越谷市/女性30代
越谷市/女性30代

家族が越谷市内で交通事故に遭ったのですが、どのような手順で慰謝料を請求すればよいでしょうか。

スタッフ写真

ご家族が交通事故ということ、心よりお見舞いを申し上げます。
相手の連絡先や車両のナンバー、保険会社などの確認はお済みでしょうか。
怪我をされた方の保険会社にもご連絡いただき、怪我や痛みがある時には越谷市の当院に起こし下さい。
慰謝料の請求は、治療が完治または症状が固定してから行ないます。
ただし、慰謝料等の手続きをすべて自分や家族で行なうとなると、大変な労力を伴います。
当院では専属の弁護士と提携しており、慰謝料などの問題もプロの目線でサポートさせていただきますのでご相談下さい。

越谷市/女性60代
越谷市/女性60代

越谷市内で交通事故に遭い、現在もリハビリを行なっていますが長引きそうです。かかった費用はすべて慰謝料として請求できますか?

スタッフ写真

リハビリの継続は大変なこととお察しいたします。
慰謝料を自賠責基準や任意保険基準で計算する場合、リハビリの回数が基になるため増額が考えられますが、それぞれに制限があります。
弁護士基準の場合はリハビリの期間を基にするので、回数や費用は増額に関係しません。
しかし、リハビリの長さは被害者の苦痛を訴えるポイントになるため、完治するまでお続けいただきたいと思います。
被害者の方が有利に進むよう、慰謝料等の手続きはぜひ当院の顧問弁護士にお任せ下さい。

交通事故に関するお悩みなどお気軽にご相談ください!

北越谷西口院

【「北越谷駅」徒歩3分】

埼玉県越谷市北越谷4-3-3

地図を見る
北越谷西口院 電話番号
電話受付時間:
月曜~土曜9:00-20:30
(祝日も営業)
駐車場有り
小さなお子様対応可能

東越谷院

【「越谷駅」徒歩20分】

埼玉県越谷市東越谷3-17-4

東越谷院 電話番号
電話受付時間:
月曜~土曜9:00-20:30
(祝日も営業)
駐車場有り
小さなお子様対応可能